一宮スポーツ文化センター施設予約システム利用者規約

(目的)
第1条 この規約は、一宮スポーツ文化センターの指定管理者であるシンコースポーツ株式会社(以下「指定管理者」といいます)が実施する一宮スポーツ文化センター施設予約システム(以下「予約システム」といいます)を利用して、一宮スポーツ文化センターの仮予約申込等をする際に必要となる利用者登録手続きを行うために必要な事項について定めるものです。

(利用規約の同意)
第2条 予約システムを利用して施設の仮予約申込等の手続を行うためには、本規約に同意していただくことが必要です。このことを前提に、指定管理者は予約システムによるサービスを提供します。予約システムに利用登録された方は、本規約に同意したものとみなします。何らかの理由により本規約に同意することができない場合は、予約システムをご利用いただくことができません。

(利用登録の対象者)
第3条 その代表者が18歳以上である団体及び個人が利用登録を行うことができます。
2 利用登録した団体が利用できる施設は、次に掲げる施設です。
(1)文化施設
(2)体育施設

(利用者登録の申請)
第4条 予約システムの利用を希望する団体及び個人は一宮スポーツ文化センター受付窓口(以下「受付」といいます)へ予約システム利用者登録申請書を提出するものとします。
2 前項の手続きを行う場合、団体登録は団体代表者、個人登録は申請者個人の本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、学生証、パスポートなど。以下、「本人確認書類」といいます)を提示するものとします。


(利用者IDの交付等)
第5条 指定管理者は、受付において、前条により提出のあった登録申請書の申請内容について審査を行い、利用者として承認する場合は利用者予約システムログインID(以下、「利用者ID」といいます)を交付し、E-mail等の方法によって通知いたします。

(利用者ID・パスワードの利用・管理)
第6条 利用者は、利用者ID・パスワードを入力することにより、仮予約等の申込手続きが行うことができます。
2 パスワードは、利用者が予約システムの利用者登録申請の手続きを行う際に設定して下さい。
3 予約システムを利用するための利用者ID及びパスワードは非常に大切なものです。次の点に注意して利用者の責任において厳重に管理して下さい。
(1)利用者ID及びパスワードは他人に知られないように管理してください。
(2)パスワードは定期的に変更し、第三者への漏洩防止に努めてください。
(3)他人からのパスワード照会には応じないでください。
4 指定管理者は、これら厳重に管理された利用者ID・パスワードにより行われた手続については、本人により行われたものとみなします。

(利用者ID・パスワードの再通知)
第7条 利用者は、利用者ID及びパスワードを忘失した場合、本人確認書類を受付へ提示のうえ、利用者ID・パスワード再通知書を提出して、再通知を受けることができます。ただし、登録されたE-mailに再通知を希望する場合はこの限りではありません。


(利用者登録の変更)
第8条 利用者は、申請した利用者登録の内容に変更が生じた場合は、受付に対して遅延なく変更内容が確認できる書類を提示のうえ、予約システム利用者変更申請書を提出して、利用者登録の変更を行うものとします。


(利用者登録の廃止)
第9条 利用者は、利用者登録を廃止しようとするときは、受付に一宮スポーツ文化センター予約システム利用者登録廃止届出書を提出します。

(利用者登録の抹消)
第10条 指定管理者は利用者が次の各号のいずれかに該当した場合は、利用者登録を抹消するものとします。
(1) 偽りその他不正な手段により利用者登録、申込手続きをなされた場合
(2)一宮スポーツ文化センター施設予約システムの利用者規約に重大な違反をした場合
(3)予約システムを利用された最終日より、継続して1年以上の予約システムの利用がない場合
(4)その他利用者として不適当と認めた場合

(予約システムの廃止・変更)
第11条 指定管理者は次の各号のいずれかに該当した場合は、利用者の事前の同意なく予約システムを廃止又は変更できる。
(1)指定管理者と一宮市教育委員会の契約が終了した場合
(2)指定管理者が一宮市教育委員会より契約の取り消しまたは業務の停止を命じられた場合
(3)指定管理者が倒産した場合
(4)指定管理者が必要と認めた場合

(施設及び利用方法)
第12条 予約システムにより利用申込手続を行う対象となる施設の具体的な利用方法及び利用申込手続きは別に定め、利用者はこれらを厳守する。

(免責事項)
第13条 指定管理者は、利用者が予約システムを利用したことにより発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害について一切の責任を負いません

(個人情報保護)
第14条 利用者の申請に基づき収集された個人情報について、指定管理者は本来の目的以外に使用せず、その管理に十分な注意を払うものとします。
2 指定管理者は利用者の申請に基づき収集された個人情報について、個人情報保護に必要な措置を講じたうえで、予約システムの運用に必要な範囲に限り、利用することがあります。

(利用規約の変更)
第15条 指定管理者は必要があると認めたときは、利用者への事前の通知を行うことなく、本規約を変更することができるものとします。
2 利用者は、利用の都度、本規約を確認することとし、本規約変更後に予約システムを利用した場合は、変更後の規約に同意したものとみなします。

附則
この規約は、平成25年5月25日より適用します。